free wysiwyg web site creator software

OEM デニム生産 OEM DENIM CREATION

・ブランドを立ち上げたいけど、生産背景がない

・小ロットで生産したいげど、対応してくれる工場がない

・国内で生産したいけど、価格や品質は大丈夫かな  

・アイディアはあるんだけど、形にできない

などなど デニム作りのお悩み 解決します




OEMの流れ

1、企画の打ち合わせ

どんなものが、どのくらい作りたいのか、価格ゾーンをどこにしたいかなど、あなたの希望   をヒヤリングします。 海外トレンドや差別化など 


2、デザインの提案

あなたの希望を踏まえた上で、トレンドやブランディングを意識したデザインを提案します。 ノーマルな中にも さりげないアクセントを入れたり、リベットやバックポケットの仕様などアイディアは豊富に提案できます。 これが私たちの強みでもあります。 生地や付属の提案もこの時期にさせて頂きます。  


3、パターンの作成

パターンは 命です  私が契約しているパターンナーは 日本でもトップレベルの2人です。 名前は明かせませんが、某有名ブランドのパターンを何年もしていた人たちです。 デニムに限らず、洋服を作る上でパターンはとても重要なウエイトを占めます。 せっかくのデザインや生地も パターンが悪いと全体の見栄えや、フィット感にかなりの歪みがでます。 最高のパターナーをお試しください


4、ファーストサンプル生産

いよいよサンプル生産です。  実際に製品にしてみて、生地の感じや洗いの見え方を比べて頂きます。 製品になると雰囲気や感じが グッとリアリティが湧きます。

しかし あくまでも ファーストサンプル、まだまだ 完成までは道のりがあります。 

   


5、ファーストサンプル 会議

完成したファーストサンプルをベースに、改善点やフィット感を確認します。パターンの変更などもこの段階でしていきます。  


6、 セカンドサンプル生産

ファーストサンプルの改善点を反映させた、セカンドサンプルを生産します。 サイズ展開や洗い違いなどは この段階で調整していきます。 


7、セカンドサンプル 会議

完成した セカンドサンプルをベースに 本生産に向けた 最終調整に入ります。 この段階では ネームタグや 革パッチなど ブランドの顔となる付属が完成します。 毎度のことですが、セカンドサンプルに タグやパッチが ついた途端 お! ’ブランド’ みたいな 存在感が出ます。 


8、本生産 

いよいよ本生産に入ります。 ここまでくればあとは、すべてのデニムに最高のクオリティーを提供できるように、丁寧に仕上げてきます。 量産とはいえ、デニムの縫製から洗いの行程は手作業がほとんどです。 ミシンや洗濯機などの機械は使用しますが、基本的には ラインを組んで人々が1本1本 製作しています。 焦りは禁物です。


  

9、 最終確認後、 納品

検針やタグ付終了後に 検品して出荷します。 



なぜ Kizuna のOEMデニム がいいのか?

小ロット対応可能

Jeans Kizunaでは小ロット100枚からの量産が可能です。 サンプル作製後に本生産に入ります。 それ以下の場合は割高にはなりますが、対応可能です。

優れたデザインチーム

デザイン・パターンとも日本トップレベルを集めています。 ターゲット価格に合わせたデザイン・商品提案などが可能です。

岡山・広島の生産背景

デニムの産地岡山・広島の縫製・加工工場と提携しております。 生地の手配だけでも対応可能です。

海外販売サポート

インターネットを駆使したセールスプロモーションのご提案もできます。LAのショールームを通した海外での販路拡大にも協力することも可能ですので、合わせてご相談ください

Made in Japan

世界的に評価の高い日本メイドの製品
あたなのアイディアを形にするお手伝いができます
どんな小さなことでもOKですので、まずはご相談ください